検索

    【韓国】日本とはコンセントの形が違う!日本製品を使うにはSE型・C型の変換プラグが必要!

    • Rin

      Rin

    韓国で日本の電化製品を使うとき、コンセントの形が違うということに気をつけなければなりません。日本から持っていったスマホの充電器、カメラの充電器、ヘアアイロンなどは、韓国でそのまま使用することができません。「C型」もしくは「SE型」の変換プラグを買う必要があります。韓国のコンセントの形や電圧、変換プラグを購入できる場所などを紹介します。

    【韓国】日本とはコンセントの形が違う!日本製品を使うにはSE型・C型の変換プラグが必要!

    こんにちは!
    渡韓のしすぎで勝手に韓国に懐かしさを感じてしまうほど、韓国オタクなRinです。

    今回は、韓国のコンセント事情について紹介します。

    韓国と日本では、コンセントの形が違います!
    日本製品を使用するためには、変換プラグを用意する必要があります。

    変換プラグの種類や買える場所を紹介します。
    ぜひ参考にして下さい♪

    日本と韓国のコンセントの違い

    02韓国のC型プラグ
    02韓国のC型プラグ

    日本で利用できるコンセントはA型といった二本平らな棒タイプのプラグです。

    一方で、韓国では「C型」もしくは「SE型」の、二本の丸い棒がついたものを使っています。
    日本の電化製品を韓国のコンセントに差し込むには、韓国で使用できる変換プラグが必要ということです。

    「C型」と「SE型」の違いは2つ。
    SE型の方がC型よりも穴が太いことと、SE型は穴が斜めに並んでいることです。

    最近はSE型が主流になりつつありますが、古めのホテルやゲストハウスはC型であることが多いです。

    実は、SE型の穴にC型のコンセントもはまるっちゃはまります。
    棒が細いのでぐらつきはあるものの、使用できないことはありません。

    しかし、やはり安全面からも、両方の変換プラグを持っていた方がいいでしょう。
    2タイプセットで売っているものもよく見かけます。

    電圧に違いはあるのか?

    日本と韓国では使われている電圧が違います。

    日本のコンセントは一般的に100ボルトの電圧ですが、韓国では220ボルトが主流です。
    ホテルなどの施設では、110ボルトを使用している場所もあるそうです。

    ただし、220ボルトだと日本より電圧がかなり高いので、変圧器が必要になる場合があります。

    日本製品も韓国で使用できますが、製品の裏に何ボルトまで対応できるのかが書いてあるので要チェック!
    変圧器を使用すれば、電化製品の故障も防ぐことができます♪

    韓国のコンセント:変換プラグはどこで購入できるの?

    03ホンデ街並み
    03ホンデ街並み

    韓国のコンセントに対応している「C型」と「SE型」変換プラグは、今後も利用することがある場合は持っておくと便利です!

    明洞で大量にコンセントを売っている屋台がありますが、1,000ウォン(約100円)ほどで購入することができるので、ぜひ探してみてください♪

    また、韓国ではホンデや、学生が多い街ではいたるところにスマホケースや、充電器が売っているお店があります。
    そこでも変換プラグを購入することができますが、お値段は少し高めです!

    いっそのこと携帯の充電器などは、韓国のプラグの商品を購入してもいいですね♪

    また、日本でも韓国で使えるコンセントを安く購入することができます!

    100円ショップに、C型の変換プラグが売っています。

    最近の100円ショップは本当に品揃えが素晴らしいです。
    トラベル用品などと同じコーナーに、変換プラグが置いてありました。

    どこの100円ショップにもあるわけではなく、「ダイソー」にだけおいてあります。
    近くにある方はぜひ立ち寄ってみてくださいね♪

    プラグを買うための時間をなるべく省きたい!という方はネットでも購入することができます。
    送料など含めると少々お高めになってしまいますが、口コミなどでどのプラグがいいのか確認もできるので、安心して購入することができますね♪

    購入しなくてもいい場合も!

    日本人がよく利用する、有名なホテルやゲストハウスなどでは、もともと日本のプラグがセットされていることがあります。
    事前に確認しておくと、買うお金も消費しないで済むのでチェックしてみましょう!

    またWi-Fiを借りるときに、変換プラグがセットで1つ付いてくることがあります。
    借りる際にプラグ自体を低単価で借りることができる会社もありますよ♪

    韓国のコンセント:使用する際に気をつけたいこと

    04差込口
    04差込口

    韓国のコンセントに変換プラグを差して使用しても、必ずしも安全とは限りません。

    例えば、100ボルトでしか対応していない日本の製品を変換プラグにつないで使用すると、運が悪いと壊れてしまいます。

    ちなみに筆者の経験話ですが、持参したお気に入りのヘアドライアーを安心しきって使用していたら、温風が出なくなりました(笑)。
    日本に帰っても冷風しか使えなくなってしまい、完全に壊れてしまいました。

    とても悲しかった思い出があるので、みなさんには悲しい思い出を作って欲しくないです!

    必ず確認して欲しいことは「定格入力」という項目です。
    電力を使用する製品には必ず製品仕様の中に記載されているはずです。

    AC100V-240V(50/60Hz)と記載されている商品は、韓国でも問題なく使用できます。

    使用しないときはコンセントを抜く

    電化製品を使用していない時や、長時間利用してコンセントが熱くなってしまったときは、なるべくプラグを抜いて過ごしましょう。

    そしてホテルでは問題ないかと思いますが、ゲストハウスではクーラーを使用するためにさらに強い電圧のコンセントがあります。

    大丈夫だと思って差し込んでしまうと、バチッと火花が飛ぶことがあります。
    いかにも大きなコンセント口があった場合は気をつけましょう。

    まとめ

    ゲストハウス
    ゲストハウス

    今回は、韓国のコンセントについて紹介しました。
    ぜひ出発前に確認して、不安のない楽しい旅行にしましょう♪

    【韓国】日本とはコンセントの形が違う!日本製品を使うにはSE型・C型の変換プラグが必要! mirumiの記事に
    いいね!しよう


    お出かけの最新情報をお届けします

    ランキングおすすめ記事

    1. ランキング画像

      【箱根】ロマンスカー予約方法まとめ!スマホでの予約手順を解説!料金&当日の...

      Surf

    2. ランキング画像

      【韓国】ユッケを食べるなら広蔵市場がオススメ!人気のユッケ通りを徹底ガイド!

      j.korea

    3. ランキング画像

      【韓国】人気のおいしいパン屋さん10選!インスタ映えするおしゃれなお店から超...

      j.korea

    4. ランキング画像

      【台湾】永康街(ヨンカンジュ)の楽しみ方ガイド!おすすめローカルフードやお...

      Sho

    5. ランキング画像

      【決定版】京都の美しい庭園おすすめ15選!心に残る風景と癒しの時間を堪能しよう♪

      korinto

    キーワード話題のキーワード