検索

    【完全版】セブ島の物価はこんなに安い!洋服、食事、交通費、アクティビティの値段を日本と比較

    • てんてん

      てんてん

    物価が安いと言われているフィリピンのセブ島についてご紹介します。ショッピングモールで販売されている洋服は日本に比べて安いのか?セブ島で買うべきもの/買わないほうがいいものをまとめました!激安なのに激ウマなフィリピンのファストフードも必見♪タクシーなどの交通機関の値段は、日本と比較すると大幅に安いことがわかりました!贅沢なマッサージや高級なレストランも、セブ島なら割安で堪能できちゃう!体験談をもとに、セブ島の物価について解説します!

    【完全版】セブ島の物価はこんなに安い!洋服、食事、交通費、アクティビティの値段を日本と比較

    みなさんこんにちは、旅行大好きてんてんです♪

    今回は、セブ島の物価についてご紹介します。

    安いと言われているフィリピンの物価ですが、日本と比較するとどれほどのものなのでしょうか?

    体験談をもとに、セブ島で買ったほうがいいもの/買わないほうがいいものをまとめます。
    セブ島を格安で満喫する方法を見逃すな♪

    セブ島の物価:日本円とフィリピンペソ

    セブ島のビーチ
    セブ島のビーチ

    セブ島で使われている通貨は、「フィリピンペソ」です。
    1フィリピンペソ=約2円くらいです。

    日本に比べると物価は安い傾向にあります。
    特に、地元民が使うようなローカルなお店に関してはものすごく安いです!

    観光客向けに作られたホテルやスパ、マリンスポーツなどはたいして安くないので知っておきましょう。

    セブ島の物価:レストラン&食事代

    Jollibee(ジョリビー)
    Jollibee(ジョリビー)

    セブ島の物価について、まずは食事代から日本と比べてみましょう。
    例えば、ハンバーガーやフライドチキンなどが食べられるファストフードはどうでしょうか?

    日本のマクドナルドでは、ハンバーガーにポテトとドリンクをつけたセットは500〜700円くらいが相場です。

    一方、フィリピンの大人気ファストフードチェーン「Jollibee(ジョリビー)」では、フライドチキンとトマトスパゲッティ、ドリンクのセットがなんと約260円で食べられます!

    2セット買っても、セブ島の方が安いですね。
    ジョリビーはセブ島の中ならどこにでもあるほどメジャーなお店で、地元民からも愛されています♪

    abaca restaurant(アバカレストラン)の店内
    abaca restaurant(アバカレストラン)の店内

    今度は、高級なレストランでの物価を比べてみましょう。

    日本では、銀座などで高級フレンチを食べると20,000円はくだらないかと思います。

    一方筆者は、セブ島でもっとも予約が取れない5つ星レストラン「アバカレストラン」でディナーをいただいてきました。
    ノンアルコールドリンクを注文したためか、前菜・パスタ・リゾットを2人でシェアしても、1人あたりのお値段は5,500円ほど!

    ショーを見ながら食事ができるレストランのディナービュッフェも5,280円だったので、日本に比べるとかなり安いと言えます。

    セブ島の物価:交通費

    セブ島での移動は?
    セブ島での移動は?

    セブ島の物価でいちばん驚いたのが、タクシーなどの交通費の安さ!
    タクシーの初乗り料金は40ペソ、たったの88円です!!

    タクシー以外にも交通手段はいくつかあって、バイクなどになるともっと安いです。

    セブ島ではよく見かけるジプニーという乗合バスに関しては、4kmまでなら7ペソ(約15円)と破格!

    ローカルな乗り物は値段が安いですが、その分スリに会う可能性や値段交渉でトラブルになる可能性があるので注意しましょう。

    セブ島の物価:ショッピングモール

    アラヤモールのTシャツ屋さん
    アラヤモールのTシャツ屋さん

    セブ島のショッピングモールでの買い物は、日本の物価に比べてどうでしょうか?
    有名なアラヤモールで買い物してみました!

    アラヤモールには、洋服や雑貨を扱うショップの他に、カフェやレストランもあります。
    ART WORKというTシャツ屋さんでは、おしゃれなデザインTシャツが1着800円くらいで売られていました。

    特別安いわけではありませんね。

    ワンピース(約5,000円)や、かごバッグ(約3,000円)なども販売されていましたが、物価が安いから買っておかなきゃ!という感じではありませんでした。

    ショッピングモールは比較的値段が高いものを売っていると思った方がいいです。

    セブ島の物価:スーパーマーケット

    フィリピンのスーパーマーケット
    フィリピンのスーパーマーケット

    セブ島で地元民が日常的に使うスーパーマーケットの物価を見てみましょう。

    野菜や果物、生鮮食品なども販売しています。
    筆者が行ったスーパーでは、生の肉がなんの包装もされずに店内に置いてあったので、買って食べるには衛生上の危険を感じました。

    ここでは旅行者向けに、お土産になりそうなお菓子やインスタントラーメンの価格を見ていきます♪

    まず、セブ島のお土産として大人気の「ドライマンゴー」は1袋50ペソ(約110円)です!
    種類もいろいろあるので、食べ比べしてもいいかもしれません。

    袋に入ったインスタントラーメンは、1袋9ペソ(約20円)でした。
    これは、安すぎる!

    ポークフレーバーやチキンフレーバー、スパイシーなど味はいろいろ♪
    フィリピンでよく食べられているカラマンシーという柑橘の味がついたものが、さっぱりしていておいしいです!

    セブ島の物価:スパ&マッサージ

    VEL SPA(ベルスパ)のプライベートルーム
    VEL SPA(ベルスパ)のプライベートルーム

    セブ島で特に安いと感じたのは、スパやマッサージなどのサービス料金でした。
    食べ物の物価などに比べると、かかる費用は高いですが、日本と比べて破格に安いのは確実です!

    個室で受けられるアロママッサージ180分コースは、なんと日本円で約5,000円でした!

    日本では安いドライマッサージでも、30分で2,980円くらいが相場ではないでしょうか?

    セブ島のスパ産業は、観光客を対象にしているので値段は高めに設定されています。
    それでも日本に比べたら、1/3ほどの価格で受けられてしまうのです。

    マッサージを受けるなら数百円の節約など考えずに、極上のものを選ぶといいと思いますよ♪
    サービスのクオリティも高く、お姫様気分を味わうことができました!

    まとめ

    今回は、セブ島の物価についてご紹介しました。

    地元の人も利用するレストランやスーパーは、やはり物価の安さを体感しました。
    一方、観光客向けのホテルやアクティビティは値段が高めに設定されています。

    その中でも特に「買い!」だと思うのは、この3つ!

    ・タクシー(初乗り:約90円)
    ・スパ&マッサージ(3時間コース:約5,000円)
    ・インスタントラーメン(1食:約20円)

    これらは日本に比べてずっと安いので、ケチケチせずどんどん使っていいと思いますよ♪

    【完全版】セブ島の物価はこんなに安い!洋服、食事、交通費、アクティビティの値段を日本と比較 mirumiの記事に
    いいね!しよう


    お出かけの最新情報をお届けします

    ランキングおすすめ記事

    1. ランキング画像

      【ANA利用時】羽田空港のおすすめ駐車場はP3とP4!料金&予約方法まとめ!お得な...

      ナカジ

    2. ランキング画像

      【チームラボお台場】アクセス解説!車・電車・バスでの行き方!格安駐車場や無...

      HARA

    3. ランキング画像

      【2019】ハワイのホテル・チップ事情を徹底解説!相場やチップを渡すタイミング...

      HARA

    4. ランキング画像

      【京都】三千院(さんぜんいん)の絶景を楽しもう!見どころ・時間・料金・アク...

      Ikuma

    5. ランキング画像

      【下北沢】おすすめ古着屋さん7選!全品半額SALEも毎月開催中!安い、買取OK、人...

      しーちゃん

    キーワード話題のキーワード