検索

    横浜のロープウェイ「エアキャビン」に乗ってみた!乗り場はどこ?値段や割引情報も!

    • ナカジ

      ナカジ

    横浜・みなとみらい地区の上空を通るロープウェイ「エアキャビン」を解説!チケットの値段や予約方法、乗り場や所要時間をご紹介します。実際に筆者が乗車してみた感想や体験談、混雑や待ち時間についてもレポートします。

    横浜のロープウェイ「エアキャビン」に乗ってみた!乗り場はどこ?値段や割引情報も!

    こんにちは、横浜散策が大好きなナカジです。
    今回は横浜の新名物「YOKOHAMA AIR CABIN(ヨコハマエアキャビン)」をご紹介します。

    エアキャビンは、横浜・みなとみらい地区を通るロープウェイ!
    JR桜木町駅と新港地区を結ぶ新しい交通手段であるだけでなく、上空からの景色や夜景を楽しむのにもピッタリのアトラクション的存在でもあります。

    この記事では横浜エアキャビンに実際に乗車してみた筆者が、チケット情報や乗り場、体験してみた感想について詳しくレポートします!

    横浜のロープウェイ「エアキャビン」とは

    横浜エアキャビンとは
    横浜エアキャビンとは

    横浜のロープウェイは、正式名称を「YOKOHAMA AIR CABIN(ヨコハマエアキャビン)」と言います。
    2021年4月にオープンした、都市型循環式ロープウェイです。

    ロープウェイは桜木町駅と運河パーク駅、2つの駅を結んでおり片道/往復で乗車が可能です。
    窓部分が大きくデザインされたゴンドラからは、みなとみらい地区の景色が大パノラマで楽しめますよ♪

    横浜エアキャビンは最先端のロープウェイを使用しているだけあって、快適!
    全ゴンドラにエアコンがついているので、真夏でも涼しく乗車できます。

    また、全ゴンドラがバリアフリー対応になっており、ベビーカーや車イスでもそのまま乗車OK。
    その場合はゴンドラ内部のイスの座面を上げることで、スペースを広くすることができます。
    ベビーカーや車イスで乗車される場合はスタッフの方が対応してくれるので、その旨を伝えてくださいね!

    所要時間

    横浜エアキャビンの所要時間は片道約5分です。
    往復で乗車する場合は連続しての乗車はできませんので、一度降りてから再度乗車することになりますよ。

    ただし、乗車時間は混雑具合によって少し変わります。
    混雑時はロープウェイの運転速度が少し早くなり、乗車時間も短縮されることがあるようです。
    ゆったり乗りたい方は空いている日や時間帯を狙うのがおすすめです。

    混雑・待ち時間

    横浜エアキャビンは、2つある駅のうち「桜木町駅」から乗車するルートの方が混雑する傾向にあります。
    JR桜木町駅まで電車で来て、そこからみなとみらい方面へ移動する人が多いためです。
    天気のいい週末では時間帯によって30分程度の待ち時間がありますよ。

    なお、大型連休になると混雑はさらに激化。
    2022年のゴールデンウィークには、60分~90分待ちの列ができたこともありました!

    逆に、もう1つの「運河パーク駅」から乗車するルートの方は比較的空いています。
    一度は横浜エアキャビンに乗ってみたいけど待ち時間は短くしたいという方は、「運河パーク駅」を出発するルートで乗車するのがおすすめです。
    JR桜木町駅まで歩くのがしんどい時に乗れば、空中散歩を楽しみながらラクラクで到着です☆

    それぞれの乗り場については、この後の項目で詳しくご紹介しますね。

    横浜のロープウェイ「エアキャビン」営業時間

    横浜エアキャビンの営業時間は?
    横浜エアキャビンの営業時間は?

    2022年秋現在、横浜エアキャビンの営業時間は以下のようになっています。
    営業カレンダーは1ヵ月先の月末分まで随時発表されていますので、お出かけ前に公式サイトにてご確認くださいね。

    なお、混雑時にはその日の乗車受付を早めに終了することがあります。
    特に連休などの混雑が予想される日に、夜景を楽しむために乗りたいと考えている方は、営業時間ギリギリに行くと受付を終了している可能性があるのでご注意ください。

    休業日あり

    横浜エアキャビンはロープウェイのメンテナンス/点検のため、月1回程度の休業日があります。
    休業日は毎月第2水曜日(平日)に設定される傾向がありますが、祝日に当たる場合は別の日になることも。
    休業日についても横浜エアキャビン公式サイトに掲載されますので、平日に遊びに行く方は確認しておきましょう。

    横浜のロープウェイ「エアキャビン」の値段

    横浜エアキャビンの値段は?
    横浜エアキャビンの値段は?

    横浜エアキャビンのチケット料金は以下の通りです。
    往復の料金は片道2回分より少しお得になっていますよ!

    大人(中学生以上) 子供(3歳~小学生)
    片道券 1,000円 500円
    往復券 1,800 円 900円

    また、みなとみらい地区の顔ともいえる観覧車「コスモクロック21」とのセット券もあります。
    コスモクロック21は1回の乗車料金が900円なので、大人なら片道セット券を買うとそれぞれをバラバラに買うより400円お得になります!

    大人(中学生以上) 子供(3歳~小学生)
    片道セット券 1,500円 1,200円
    往復セット券 2,300円 1,500円

    使える支払い方法

    横浜エアキャビンのチケットを現地チケット売り場で購入する場合、使える支払い方法は以下の通りです。
    現金のほかクレジットカードや各種電子マネーが使用できます!

    割引情報

    横浜エアキャビンには各種割引があります。
    対象となる方は手帳や事前の手続きをお忘れなく!

    ①障害者割引

    各種障害者手帳をお持ちの本人と、大人の介助者1名まで料金が半額になります。
    割引を受ける際は手帳の提示が必要ですので、現地チケット売り場の有人窓口でチケットを購入してください。

    ②団体割引

    20名以上の団体で横浜エアキャビンを利用する場合は、団体割引の対象となり料金が1割引となります。
    団体割引を受けるには、横浜エアキャビン公式サイトから事前の申し込みが必要です。
    代金は当日現地チケット窓口にて現金支払いとなります。

    大人(中学生以上) 子供(3歳~小学生)
    片道券 900円 450円
    往復券 1,620 円 810円

    横浜のロープウェイ「エアキャビン」のチケットの予約・買い方

    横浜エアキャビンのチケット売り場
    横浜エアキャビンのチケット売り場

    次に横浜エアキャビンのチケットの予約・買い方をご紹介します。
    購入方法や場所によって取り扱っているチケットの種類が異なりますのでご注意くださいね。

    ①現地チケット窓口で買う

    横浜エアキャビンのチケットは、駅舎の中にあるチケット売り場で販売しています。
    チケット売り場には自動券売機と有人窓口があります。
    証明書などを提示して各種割引を受ける方は、有人窓口の方へ進んでくださいね。

    ②オンラインで前売り券を買う

    横浜エアキャビンのチケットはオンラインでも事前購入できます。
    横浜シーバスとのセット券はオンライン販売限定です。

    レジャーチケット販売サービスのKKdayでは、1ヵ月先の月末分までのチケットを販売していますよ。
    購入時には利用したい日付を指定しますが、時間予約の必要はありません。

    KKdayで購入した電子チケットは引き換え不要・QRコードを表示してそのまま乗車できるので、混雑時にチケット購入列に並ばなくていいのがポイント♪
    ただし日付指定の前売り券を持っていても、乗車待ちの列には並ぶ必要があります。
    時間指定で予約して待ち時間なしで乗ることはできませんのでご注意ください。

    KKdayで前売りチケットを予約する際は会員登録が必要です(登録は無料)。
    KKdayのアプリを通して購入すると、アプリ内でチケットQRコードが表示できるようになるので、当日はスマホをゲートにかざせばOK。
    アプリをお持ちでない方は登録したアドレスにチケットのPDFが送られてくるので、当日はそのPDFに印刷されているQRコードをスマホに表示するか、プリントアウトしたものを使用してゲートを通過します。

    KKdayのエアキャビンチケット購入ページ

    横浜のロープウェイ「エアキャビン」乗り場

    続いて横浜エアキャビンの乗り場についてご紹介します。
    どちらの駅舎も新しくきれいで、バリアフリー設備も整っていますよ。

    ①桜木町駅

    桜木町駅
    桜木町駅

    横浜エアキャビンの乗り場、1つ目は「桜木町駅」です。
    JR桜木町駅東口を出てすぐ目の前に駅舎があるので、迷うことはありません。
    横浜市営地下鉄ブルーラインの桜木町駅の北1出口からも徒歩1分です。

    建物入口は1階、チケット売り場と乗り場は2階になります。
    2階へはエレベーターで上がります。

    桜木町駅は2階にバリアフリートイレも設置されているので、乗車の前後に利用できます。
    建物入口から乗り場まで、各所に案内係のスタッフさんがいますのでわからないことがあったら聞きましょう!

    ②運河パーク駅

    運河パーク駅
    運河パーク駅

    横浜エアキャビンの乗り場、2つ目は「運河パーク駅」です。
    大型ショッピング施設「横浜ワールドポーターズ」に隣接しているので、周辺から向かう場合はワールドポーターズを目指すとわかりやすいですよ。
    運河パーク駅からはカップヌードルミュージアムやコスモワールド、横浜ハンマーヘッド、赤レンガ倉庫といったスポットも徒歩すぐです!

    運河パーク駅はチケット売り場とバリアフリートイレが1階、乗り場は2階です。
    1階には待合スペースもあるので、待ち合わせにも便利です。

    運河パーク駅の駅舎はワールドポーターズの2階部分と連絡通路で繋がっています。
    すでに電子チケットをお持ちの場合は、ワールドポーターズ2階の連絡通路から直接乗り場へ向かうこともできます。

    チケットを当日購入する場合は1階のチケット売り場でチケットを購入し、階段かエレベーターで2階の乗り場へ進んでください。

    横浜のロープウェイ「エアキャビン」体験談と感想

    最後に横浜エアキャビンに実際に乗ってみた筆者の体験談と感想をまとめました。
    これから初めて乗る方が気になるであろうポイントもピックアップしたので、参考にしてくださいね。

    相乗りはなし

    8人乗りのゴンドラ
    8人乗りのゴンドラ

    横浜エアキャビンのゴンドラは1台8人乗りですが、新型コロナ対策のため、現在は他グループとの相乗りはなく、グループごとに1台のゴンドラに乗車できます。
    筆者は1人で乗車したので、8人乗りのゴンドラを独り占め!

    相乗りの時のように他のグループに気を遣わなくていいので、気楽で楽しい空旅でした♪

    エアコンありで快適

    ゴンドラはエアコン搭載
    ゴンドラはエアコン搭載

    横浜エアキャビンはゴンドラにエアコンを搭載しているので、夏でも涼しく快適です。
    筆者が乗車した日はかなり蒸し暑い日だったのでこれは大助かり!
    「乗ってみたいけど、この天気じゃ暑いんじゃない?」という心配は無用です。

    悪天候の日は運転中止も

    多少の雨は大丈夫!
    多少の雨は大丈夫!

    横浜エアキャビンは屋外を通っているロープウェイのため、悪天候の日は運転を見合わせることがあります。
    多少の雨は問題ありませんが、強風や落雷の接近があった場合には安全のため一時運行中断となりますよ。

    実は筆者が乗った日も、落雷の接近により一時運行が中断した時間がありました。
    ただし雷雨が去って安全が確認されてからは運転を再開したので、天気の崩れが通り雨程度ならば回復を待って乗車することもできます。

    台風などの長時間に及ぶ天候不良が予想される日は終日運転見合わせになることもありますので、お出かけ前に公式ホームページご確認くださいね。

    夜景を楽しみたい方にもおすすめ

    横浜エアキャビンでは昼と夜で違った景色を楽しめます。
    昼の活気あふれる街を空から見下ろすのも楽しいですが、日没後の夜景もおすすめです!

    なんといってもみなとみらい地区はコスモクロック21やランドマークタワーといった、ライトアップされる建造物がたくさんあります。
    デートの最後に運河パーク駅から桜木町駅方面に向かって乗車し、ロマンチックな夜景を楽しみながら1日をしめくくるのもステキです♡

    どれくらい高い?高所恐怖症でも大丈夫?

    高いところが苦手な人は出発前に確認を
    高いところが苦手な人は出発前に確認を

    「乗ってみたいけど高いところが苦手!」という方もいますよね。
    怖いかもしれないポイントを解説しますので、判断の参考にしてください。

    ちなみに横浜エアキャビンの公式ホームページには、「高所恐怖症の方、酒気を帯びた方、心臓の悪い方、高血圧・低血圧の方、その他体調のすぐれない方はご遠慮ください」という注意書きがあります。
    一度乗ってしまうと5分間は降りられませんので、高所恐怖症の方は決して無理はしないようにしましょう。

    ①最高到達点は地上約40m

    横浜エアキャビンのロープウェイの最高到達点は地上約40mです。
    これはビルでいうと10階相当の高さになります。
    「あまり高いのは苦手」という方は参考にしてください。

    ②他の乗客の乗り降りのために空中で停止することがある

    車イスやベビーカーを利用している人がゴンドラに乗り込む時は、乗り場での安全確保のためにロープウェイ全体が一時的に停止します。
    その際は全てのゴンドラにアナウンスが流れますが、再開まで空中で待つことになります。
    空中でゴンドラが止まっている状態に強い恐怖感を覚える方は乗車を控えた方がいいでしょう。

    ③柱を通過時に少し揺れる

    横浜エアキャビンはロープウェイなので、柱を通過する時に多少揺れます。
    高いところでさらに揺れが加わることになるので、苦手な人は注意が必要です。

    まとめ

    横浜・みなとみらい地区の上空を通るロープウェイ「エアキャビン」についてご紹介しました!

    乗車時間5分間で片道1,000円という値段設定はやや高く感じますが、みなとみらいエリアの景色や夜景を空から眺める体験は格別!
    アトラクション感覚で空中散歩を楽しみつつ、徒歩で15分程度かかるJR桜木町駅~ワールドポーターズ間をさくっと移動できるのも魅力です。

    みなさんも横浜に遊びに行った際は、ぜひ横浜エアキャビンを体験してみてください!

    エアキャビンの前売りチケット購入ページ

    横浜のロープウェイ「エアキャビン」に乗ってみた!乗り場はどこ?値段や割引情報も! mirumiの記事に
    いいね!しよう


    お出かけの最新情報をお届けします

    ランキングおすすめ記事

    1. ランキング画像

      【羽田空港】国際線ターミナルP5駐車場の料金&アクセス!周辺の安い民間駐車場も...

      Ikuma

    2. ランキング画像

      【チームラボ豊洲】チケット料金と購入方法まとめ!確実に入場する方法は?QRチ...

      monpy

    3. ランキング画像

      【アクセス】チームラボプラネッツ豊洲の最寄り駅は?駅からの行き方や近隣施設...

      monpy

    4. ランキング画像

      羽田空港とディズニーを結ぶリムジンバスを解説!料金、乗り場、予約方法、時刻...

      みーこ

    5. ランキング画像

      【羽田空港】ANAなら駐車場はP3とP4がオススメ!料金、予約方法、お得な支払い方...

      ナカジ

    キーワード話題のキーワード