検索

    【食べ比べ】ハワイで本当に美味しいポキの店5選!オリジナルのポキ丼が作れる人気店も♪

    • licca

      licca

    ハワイ名物と言えば、ポキ丼。ハワイを訪れると必ず食べるという方も多いのではないでしょうか? 魚を生食する文化を持つ日本人にとっても食べやすく、海鮮丼のような感覚でいただけます♪ ハワイにはレストラン形式のお店からスタンド(屋台)形式のお店まで、様々な形態のところでポキ丼がいただけます。今回は、ハワイの本当に美味しいポキのお店を5つ厳選しました!筆者オススメのお店を紹介するので、ハワイ旅行の参考にしてくださいね♪

    【食べ比べ】ハワイで本当に美味しいポキの店5選!オリジナルのポキ丼が作れる人気店も♪

    こんにちは、ハワイの温暖な気候が恋しいliccaです。

    ハワイに行くと、なんとなく食べたくなるポキ丼。
    マグロ、サーモン、イカ、アボカドなど、お店によって具材が違い、シンプルな料理なのにバリエーション豊か♪

    今回は、ハワイでおすすめのポキのお店を紹介します!

    ハワイのポキ丼:①LULU’S WAIKIKI(ルルズワイキキ)

    LULU'S WAIKIKIのポキ丼
    LULU'S WAIKIKIのポキ丼

    クヒオ通りのABCストアの2階に店舗をかまえるLULU’S WAIKIKI(ルルズワイキキ)。
    ABCストアの脇に階段があり、上がっていくとお店があります。

    階段下には、「ワイキキで1番うま~い極上ロコモコの店」と書かれた看板があります。

    LULU'S WAIKIKIの入り口
    LULU'S WAIKIKIの入り口

    「極上ロコモコの店」とありますが、LULU’S WAIKIKIではポキ丼も扱っています。

    ポキ丼は、揚げた春巻きの皮のようなものが器になっています。
    その器の下にご飯が敷かれているという、オリジナリティあふれるポキ丼でした!

    具材は、マグロ、アボカド、玉ねぎ。
    スタンダードな具材ですが、インスタ映えするビジュアル♪

    しょう油味の和風テイストで美味しかったです♡
    ワイキキビーチをのぞむ景色も最高ですよ!

    LULU'S WAIKIKIからの景色
    LULU'S WAIKIKIからの景色

    窓がなく開放的で、まさにハワイのレストランで食事をしているムードが高まります♪
    日本語メニューもあるので、気軽に利用できます。

    ハワイのポキ丼:②ALOHA TABLE(アロハテーブル)

    アロハテーブルのポキ丼
    アロハテーブルのポキ丼

    続いてご紹介するのは、日本発のハワイアン料理店アロハテーブル。
    横浜や代官山に店舗をかまえていますが、逆輸入のような形でワイキキ店があるのです!

    アロハテーブルというと、ロコモコやパンケーキが人気で、多くの女子がSNSに投稿していますね。
    実は、ポキ丼もあるんです!

    日本発なので、オーナーはもちろん日本人。
    日本人好みにアレンジされたポキ丼は、ワイキキでも評判です♪

    ハワイ近海で獲れたマグロを使ったアヒポキ丼は、地元の人や日本人以外のお客さんからの人気のメニュー。
    お値段は、$14(約1,540円)ほど。

    アロハテーブルのメニューは意外とボリューミーなものが多いので、色々注文してみんなでシェアして食べるのがオススメです♪

    アロハテーブルの入り口
    アロハテーブルの入り口

    このような入り口を目印に探してみてください。
    Tギャラリアby DFSから徒歩2分の距離なので、それを目印に行くと見つかるかと思います。

    ロイヤル・ハワイアン通りを挟んで反対側のブロックにあります。

    ハワイのポキ丼:③nico’s pier38(ニコス・ピア38)

    ニコスピア38のポキ丼
    ニコスピア38のポキ丼

    ハワイでポキ丼と言えばここ!というくらいシーフード料理で有名な、ニコス・ピア38。
    地元では大人気のシーフード料理レストランなのですが、フィッシュマーケットを隣接していて、そこでポキ丼を買うことができます。

    上の写真は、フィッシュマーケットのテイクアウト用のポキ丼です。
    器から溢れそうなくらい豪華なので、ハワイの人気ポキ丼の中でもベスト3に入るほど!

    その人気の理由は、フィッシュマーケットならではのオーダー方法。
    マグロ、サーモン、ガーリックシュリンプなど様々なポキがショーケースの中に並んでいて、自分で好きな具材を3種類までチョイスできます♪

    筆者が選んだのは、マグロ、サーモン、シュリンプ。
    ご飯は、白米か玄米を選べます!

    スパイシーなポキもあり、好みに合わせたテイストでオリジナルポキ丼が作れちゃいます♡
    ハワイで人気を集めている理由に頷けました♪

    ぜひぜひ、オリジナルポキ丼をオーダーして、ニコス・ピア38の味を楽しんでください。

    ハワイのポキ丼:④Foodland(フードランド)

    フードランドのポキ丼
    フードランドのポキ丼

    ハワイ全土に33店舗をかまえるフードランドは、ハワイで人気のフードマーケット。
    豊富な食材がそろうスーパーマーケットです。

    アラモアナにあるフードランドファームズには、アイスクリーム屋さん、フレッシュジュース屋さん、フライドチキン屋さんなど様々なお店が入っています。

    フードエリアが非常に充実しているので、とりわけアラモアナ店は、ハワイの「食」を楽しめる場所なのです♪
    もちろん、ポキ丼の販売もあり、人気を集めています。

    上に紹介したニコス・ピア38と同様、自分で好きな具材を選んで作ってもらうシステム。
    マグロ、サーモン、エビ、貝、タコなどたくさんの種類があります!
    ご飯は、白米か玄米からチョイス。

    具材は冷蔵のショーケースに並んでいるので、好きなものをチョイスしてオリジナルポキ丼を作りましょう♪
    店員さんに頼むと、試食も可能ですよ♪

    ハワイのポキ丼:⑤Ono Seafood(オノ・シーフード)

    オノ・シーフードのポキ丼
    オノ・シーフードのポキ丼

    ロコ(地元の人)に人気のオノ・シーフード。
    様々なメディアで取り上げられ、味にも定評があります。

    ちなみに、「オノ」とはハワイ語で「美しい」という意味。
    「オノさん」という日系人の方が経営しているのかと思いましたが、そうではありません(笑)。

    オノ・シーフードには、スタンダードな定番ポキのほか、スパイスやワサビを使ったポキもあります。
    食欲をそそる絶妙なスパイシーさが、「ほかのお店とは違う!」とロコからも日本人観光客からも評判です。

    具材は全部で8種類あり、大きさはレギュラーサイズ、ラージサイズがあります。
    どれを頼んでも、大体$10(1,100円)前後です。

    店内には、日本語のメニュー表記もありました。
    英語が苦手な方でも安心ですね♪

    オノ・シーフードの看板
    オノ・シーフードの看板

    カパフル通りから少々奥まったところにありますが、赤い看板を目印に行ってください。
    開店前から行列ができることもある人気店なので、一度食べてみる価値ありです☆

    まとめ

    ハワイ料理ポキ丼の人気店5選を紹介しました。

    一番行きやすいのは、最初に紹介したクヒオ通りのLULU’S WAIKIKIです。
    筆者は、ワイキキビーチを眺めながら食事ができるという雰囲気が気に入っています。

    お店によって味や具材が異なるので、今回紹介したオススメをはじめ、お気に入りを見つけてください♪

    【食べ比べ】ハワイで本当に美味しいポキの店5選!オリジナルのポキ丼が作れる人気店も♪ mirumiの記事に
    いいね!しよう


    お出かけの最新情報をお届けします

    ランキングおすすめ記事

    1. ランキング画像

      【現代建築】マリーナベイサンズが倒壊寸前!? 傾いているという噂の信ぴょう性...

      cihaya

    2. ランキング画像

      【激辛】プルダックポックンミョンを13種類を制覇!韓国インスタント麺の種類や...

      AMBI

    3. ランキング画像

      【最新】北海道ボールパークFビレッジが2023年に開業予定!新しい日ハム本拠地の...

      licca

    4. ランキング画像

      【金沢】ひがし茶屋街でおすすめのお土産20選!有名和菓子やご当地キャラクター...

      ミヤザキ

    5. ランキング画像

      【六本木ヒルズ】豚組食堂のとんかつはコスパ最強!究極のとんかつを味わってき...

      HARA

    キーワード話題のキーワード